SHOPPING

KANELL "ESPADON" MARINE

¥ 25,300 税込

カネルの畔編みコットンセーター、
エスパドンです。

現地では漁師編みと呼ばれる伝統の一着。
手に持つとけっこう重量感がありますが、
着てみると軽い着心地にビックリ!

凝った首回りや、袖口と裾の編み込みは、
国は違えどガンジー・セーターにも近い雰囲気。
海の男たちに国境は関係ないんですね。

こちらは問答無用のネイビー。
ガンガン着てください。

COTTON 100%

MADE IN FRANCE.

コバヤシ(178cm65kg)はサイズMを着ています。

サイズS 身幅48 着丈59 裄丈83
サイズM 身幅50  着丈61 裄丈84
サイズL 身幅52  着丈62 裄丈85

☆エスパドンについて

このモデルは、1930年代中頃、
ドゥアルヌネの漁師から
船上での作業中に着用する機能的なセーターの作成依頼を
受けたことにより生み出されました。

海洋性気候のブルターニュの天候は、
突然の風、強い日差し、雨...猫の目のように頻繁に、
そして大きく変化します。
そのため、海上の船乗りたちは、
一日のうちに何度も着ていたセーターを脱ぎ着する事になります。

フランスの伝統的なフィッシャーマンセーターといえば、
首回りがギュッと詰まり、
ネックサイドに付いたボタンを開け閉めし着脱するもので、
防寒性は高いものの、
一日に何度も着脱を繰り返す状況下では
あまり機能的とは言えないものでした。

「もっと着やすいセーターが欲しい…」
DOUARNENEで働く猟師の相談を受けた
カネル創業者からの回答がこのモデルです。

過酷な労働を妨げないよう、
動きやすさを追求していった首周りは
独特の構造とシェイプにたどり着きます。

ショルダーラインとネックが一続きのリブで編み立られ、
最大限のストレッチ性を保ち、
海からの冷たい風を防ぐため
高めに設計されたネックにもかかわらず着脱を容易にしています。

何度も着替える船乗りたちのストレスは
これにより大きく軽減された事でしょう。
肉厚に編立られたボディは海風から船乗りを守るためのものです。

祖父から孫に引き継がれたこのモデルは、
その独特の構造が今では象徴的なデザインアイコンとなり
今日も愛され続けています。

  • サイズ:

数量:
返品・交換についてはこちらをご覧ください

FILEUSE D'ARVOR / KANELL

フィールズ ダルボーは1927年、フランスはブルターニュの港町で創業しました。
およそ一世紀ものあいだ地元に根付いた活動を続け、
今でも頑なにMADE IN FRANCEを守り続けているマリンブランドです。
なかでもマリニエール(バスクシャツ)は、ブランドを象徴するアイテムです。
一般的なカット・ソウとはひとあじ違う、ニットの手法で編み出される製品は、
優しい肌触りと素晴らしい耐久性を誇ります。
またフランス海軍や、多くのブランドに製品を供給していることからも、高品質がうかがえます。
2020年よりブランドを創業時の名前である"KANELL"に変更いたしました。

VIEW CART

商品を探す

検索

ITEMITEM

BRANDSBRANDS

ページの先頭へ
CLOSE
VIEW CART